XMのMT4を1台のPCに複数インストールする方法

複数のEAや裁量でのFXトレードを行う場合、複数の口座が必要になってくると思います。

その都度に別々のFXブローカーに口座を開設したり、PCやVPSを複数持たなければいけないと思っていませんか?

実は、一つのPCやVPSに同一のブローカーのMT4を複数インストールして複数口座で同時に使うことができるんです。

 

XMは2つ目からの追加口座は個人証明なしで簡単に作れるので、FXで複数システムを運用する場合は是非活用したいものです。

経費削減のためにも是非、複数MT4のインストール方法をマスターしましょう。

 

当ブログではEAの稼働にXMを指定させて頂いているため、XMでの複数MT4のインストール方法をご紹介させて頂きます。

 

XMのMT4をインストールする

XMのサイトからMT4のインストールファイルをダウンロードします。

XMのMT4ダウンロードはこちら

 

もし1つめのMT4のインストールファイルが残っていればそれを使っても構いません。

ファイル名はxmtrading4setup.exeとなっています。

 

この段階ではまだインストールファイルは開きません。

 

1つ目のXMのMT4のアイコンの名前を変更する

XMのMT4は通常は下記のようにXMTrading MT4という名前になっています。

XMのMT4を複数インストールする場合には、先にインストールしたMT4の名前を変えてあげる必要があります。

ここが非常に重要です。

この名前を先に変えるという作業を行わずに2回目のインストールを行おうとすると先にインストールしたMT4に上書きされてしまう恐れがあります。

なので、かならず先にインストールしたMT4はXMTrading MT4以外の名前に変更をしておいてください。

 

私の場合はわかりやすく、No1、No2などと番号をふっています。

 

インストールを実行する

先にインストールしたMT4の名前を変更したら、用意しておいたxmtrading4setup.exeファイルを実行します。

実行すると下記のような画面になるので、チェックを入れて設定ボタンをクリックします。

 

その後にインストールフォルダとプログラムグループの指定があるので、下記のように任意の文字を追加します。

元々は

インストールフォルダ:C:¥Proguram Files(x86)¥XMTrading MT4

プログラムグループ:XMTrading MT4

のように表示されていますが、このデフォルトのままに指定してしまうと1つ目のものに上書きされてしまうので、かならず別の文字にして下さい。

今回の私の場合、No2まで作ってあったのでNo3を追加で作成しました。

 

こうしてインストールをすると新しくXMTrading MT4のアイコンがデスクトップに表示されると思います。

これの3つ目が今回作成した新しいMT4です。

このままでも使えますが、わかりやすいように名前をつけておきましょう。(今回私はNo3としました)

あとは新しいMT4に口座情報を入力すれば通常のMT4として使用できます。

 

同時に3つのMT4を開いても問題なく使えています。

 

以上のような要領でXMのMT4はいくつでもインストールできます。

ただし、VPSなどの場合はあまり多くのMT4を同時起動するとスペックによっては重くなったりするので、過度なインストールには注意が必要です。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ