XMのボーナスを上手に利用して初期投資額を抑える

XMをはじめとした海外FXブローカーにはボーナスと呼ばれるFX取引の証拠金として使えるクレジットが付与されるものがあります。

このボーナスとは口座開設や入金の際に付与されるもので、出金ができなく、あくまでそのブローカー内で使うことのできるお金というものです。

 

「どうせ出金できないんじゃボーナスなんてもらってもしょうがないんじゃ?」

そう考える人も少なくありません。

しかし、ボーナスをうまく活用することでリスクを抑えてレバレッジを効かせた投資を行うことができます。

 

例えば、当サイトのメインEAであるNGGC20の推奨証拠金は0.01ロットで15万円です。

最低でも15万円は用意しないとこのEAを使うことはできませんが、XMのボーナスを利用した場合は最初に入金するお金は10万円程度で済みます。

ボーナスの計算方法は後述しますが、口座開設をし10万円を入金すると下記のようなボーナスが付与されます。

・口座開設ボーナス 3,000円

・入金ボーナス 約60,000円(ドル計算のため日本円では誤差があります)

つまり、10万円を入金した場合は証拠金は約163,000円となります。

本来であれば15万円を用意しなければNGGC20での運用を始められないのに、10万円を用意すれば始められるのです。

ここで初期費用を5万円も抑えられるのはかなり大きいはずです。

 

XMのボーナスに関して

XMのボーナスは2種類あります。

まず、口座開設でもらえる3,000円のボーナスです。

こちらはXMにリアル口座を初めて開設する際に無条件でもらえるボーナスです。

正常に口座開設が完了すると自動的に反映されているので、特に手続きはありません。

 

そしてXMメインのボーナスが入金ボーナスです。

XMは初回の入金から一定額までの入金に対して多額のボーナスを用意しています。

 

まずは500ドルまでの入金で100%、つまり500ドルをもらえます。

500ドルを入金したらボーナスを含めた証拠金が1,000ドルになるということですね。

 

そして、500ドルを超えた金額に対して4,500ドルまでの入金に20%のボーナスがつきます。

両方のボーナスを足して最大5,000ドルのボーナスが受け取れることになります。

 

ボーナスを最大に受け取る場合は5,000ドルを入金して下記のボーナスを受け取ることになります。

500ドルに対する100%ボーナス 500ドル

4,500ドルに対する20%ボーナス 900ドル

合計 1,400ドル

 

5,000ドルを入金した場合に証拠金は6,400ドルになるということです。

ドルで分かりづらい場合は50万円入金すると65万円になると考えると簡単です。

 

XMの出金や資金移動でのボーナスの消滅

XMの入金ボーナスは入金時に付与されますが、実は出金をすると消滅してしまいます。

これは最初に入金だけしてボーナスを受け取った後に出金してボーナスだけで運用するということを防ぐ目的ですね。

また、追加口座を開設してボーナスだけ移動させようというのもできません。

XM ボーナスだけで取引 というキーワードで検索されている方もいるようですが、そのような裏技はありませんので悪しからず。

 

XMのボーナスは出金時は残高と出金金額の割合に応じてボーナスが消滅します。

残高の30%を出金した場合はボーナスも30%が消滅します。

例えば、残高が100万円でボーナスが10万円ある場合に10万円の出金を行った場合、ボーナスは1万円消滅します。

 

なので出金時はボーナスの消滅額にも気をつける必要があります。

例えば、現金10万円、ボーナス6万円でNGGC20を始めて利益が上がり、残高が20万円になったとします。

10万円増えたからといって10万円を出金すると、残高の50%を出金することになるので、ボーナスも50%、つまり3万円分消滅します。

ボーナスが3万円減ってしまうと証拠金は13万円となるので、推奨証拠金を割ってしまうことになります。

出金をする場合はボーナスがどれぐらい減るかも計算して、計画的に出金をしましょう。

 

また、XMで複数口座を持っている場合、口座間で資金を移動することができます。

このとき、残高の移動した資金の割合に応じてボーナスも一緒に移動します。

割合は出金時と同じですが、資金移動の場合はボーナスは消滅せず、資金の移動先の口座に移るだけですね。

 

このとき注意しなければいけないことがあります。

それは資金の移動先の口座がボーナス受け取り可能な口座であることです。

XM ZERO口座やボーナス受け取り設定をしていない口座に資金を移動すると、ボーナスは移動先の口座には反映されず消滅します。

なので、ボーナスがある口座から資金を移動する場合は、ボーナスの受け取りが可能な口座にしましょう。

 

以上がXMのボーナス消滅に関する注意点です。

ちなみに、消滅したボーナスは復活することはできません

せっかく付与されたボーナスを消さないためにも、上記の注意点はしっかり頭に入れておきましょう。

 

XMのボーナスを消失させずに資金をプールさせる方法

出金や口座間の資金移動でボーナスがなくなる危険性があるのはわかった。

でも、増えたお金をずっと口座に入れておくのは不安ですね。

そんな時に使えるのが利益のプール先の口座です。

 

XMでは追加口座は簡単に作れるので、トレード用ではなく資金のプール先としてお金を貯めておく口座を作ることをお勧めします。

 

たとえば、10万円儲かったら5万円をプール口座に入れて残りを運用していくようにすると、

利益の半分は利確した状態で、ボーナスもプール先の口座に貯めておくことになります。

 

万が一運用口座の資金が減ってしまっても、プール先の口座から資金移動をすれば、ボーナスも一緒に移動してくるので、ボーナスを再度有効活用できます。

 

複利投資は一番早く資産を増加させますが、資金を上手にプールしながら運用していくことが資産をより安全に運用していく上では重要です。

ある程度プールした利益が溜まっていると、多少損失を出した時があっても精神的に楽ですよ。

常に全額を失うリスクを負っているよりも、ある程度利確してあるから、運用口座は損失を出してもトータルでプラスだからいいやと気楽に考えることができます。

 

ただ、ここで1つ気をつけなければならないことがあります。

それは資金プール用の口座が休眠口座とみなされてしまう可能性があるということです。

 

XMでは90日間取引が行われない口座に関しては休眠口座とみなされ、毎月口座維持手数料として5ドル相当の手数料が発生します。

さらに、休眠口座になるとボーナスが全額消滅してしまいます。

 

なので、資金プール用の口座だとしても定期的に取引を行ってあげる必要があります。

休眠口座にならないためには取引を行うか入出金をすることが条件となりますが、このときの入出金というのは口座間の資金移動は含まれません。

なので、何かしら資金を動かした形跡を残す必要があります。

 

私のお勧めは月に1回程度0.01の注文を入れて、すぐに決済してしまうか、NGGC20を指標がない日に半日ぐらい稼働させておくことです。

少しでも取引があれば休眠口座にはならないので、メンテナンスとして定期的に少額の取引を行うようにしましょう。

 

XMのゲリラボーナスを見逃すな

XMのボーナスは実は一定ではありません。

現在のボーナスの付与額や付与比率もいつか変更されたり終わったりするかもしれません。

なので、もらえるうちにボーナスをもらっておいた方がお得ということです。

 

そして、XMには上記の通常のボーナスとは別に、ゲリラ的に期間限定ボーナスが付与される場合があります。

メールで不定期に通知されるのですが、100%ボーナスが付与されたりすることもしばしばあります。

ボーナスを証拠金として利用してロットをあげるチャンスなので、こういったキャンペーンが実施されたときは積極的にボーナスを受け取るようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ